スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
飲茶・ジャズ・バスジャック!
夏真っ盛り。というワケで、お祭りもたくさん。

まずは「飲茶フェスティバル」へ。
食べ物に弱いのよね。
レイクサイドにあるハーバフロントが会場。
おぉ、デッキがあって、ヨットがあって、
外国っぽいじゃん(w
会場で列を発見、どうも飲茶の屋台へ繋がっている模様。
餃子と春巻きと、野菜まんを買って$6。
アレ?$2じゃないの?
どうも違う場所のよう。でも、そこに行ってもやってないし。
う~ん、飲茶フェスティバルは不発!

つづいて、Jazzフェスティバル会場へ。
地下鉄の駅からバスに乗り換えるんだけど、
それはそれは多い人。バスに乗れるのか?
と思いつつ待って、2台目のバスで無理矢理乗り込む。

会場は、道路を通行止めにして行われている。
道路のあちこちにライブ会場。
でもステージを作ってないから、
人が集まると見えないのよね。
音楽はどうやらジャズだけじゃないみたい(w
ジャズフェスティバルじゃないじゃん?

会場はものすごく長くて、ぶらぶら歩いて30分以上。
喉が渇いたので、パブにでも入りたいところだけど、
どこも行列で一杯。
いいかげん、うんざりしてきたので帰ることに。
これも大変。道は人で一杯で、
バンドがいる所なんかは、ぜんぜん人が動いていない。

やっとバス停までたどり着いたら、バス停まで長い行列。
しかもガソリンスタンド内に行列ができてるし。
ものすごい営業妨害だわ(w

駅からやってくるバスは相変わらず満員。
で、駅に向かうバスも、
そのバス停が始発じゃないらしく、満員。
これじゃいつまでたっても帰れん。

すると、駅から来るバスのところに
向かった人たち発見。←かしこい!
どうやら乗り込めそうなので、私たちもそちらへ移動。
バスへ乗り込んだ。

もう、ここからがまるで映画。
バスの運転手「みんな、○○へ寄っていいかい?」
バスの乗客「NO~~~~!!」
バスの運転手「乗客ひろっていいかい?」
バスの乗客「NO~~~~~~!!」

後ろの方にいたので、詳しくは分からないんだけど、
バスの運転手は勝手に進路を変え、
ほぼノンストップで地下鉄の駅に向かうことにしたみたい(w
乗客全員でバスジャックしたような気分だわ。

色んなバス停で人が待ってるんだけど、ドアも開けずに直行。
1組の老夫婦が途中で降りた時に1回ドアが開いたのみ。

地下鉄の駅に着いて、降りる時に乗客の一人が
「アンタ、最高のバスドライバーだよっ!」
と言ったら、乗客全員で拍手。
口々に「ありがと~」と言いながら、
皆ハッピーな気分で降りることができた。
降りた後、バスの行き先のサインを見てみたら
「Special」になってた(w

お祭りで人の群にうんざりした後だっただけに、
運転手さんの心意気が嬉しい。
乗客もハッピーだし、運転手もハッピーになる、
いいハプニングでした。




スポンサーサイト
就職活動~面接編~
木曜日の夜、リラックスしているところ、電話がかかってきた。

おとこ「あー、オーロラ・テルカッさん?』
わたし「はい」
おとこ「まだ仕事探してる?」
わたし「はい」
おとこ「明日、午後4時」
わたし「午後4時?」

おいおい、名乗れよ!
どこに応募したヤツか分からんじゃないか~っ。
一応、名前と住所を聞いてどこか判明。
なんか緊張どころか、笑ってしまった(w

カナダの政府がやっている「Job Bank」
というサイトで仕事を探してて、3件いい仕事を見つけて、
2件に履歴書を送ったところだった。

電話がかかってきたところは、3番目の候補。
1番目やりたい仕事は、メールでの履歴書を
受け付けてなくて、会社に行ってそのまま面接というパターン。
3番目の候補に決まる前に、1番の面接を受けたい。
というワケで、金曜日2件、面接に行くことになった。

1件目の面接。
面接場所は自宅から自転車で
20~30分ぐらいのところにある工場。
プラスチックのトロフィーなどを作っている会社で、
そのトロフィーに使う印刷の技術者を募集していた。

工場はそう大きくない。
入ると受付のお姉さんに申込書を渡された。
イスに座るとライバル発見(w
アジア系の真面目そうなおじさん。

書類にすべて書き込むと、工場に案内され、キムさんと面接。
いや、面接というよりも工場案内。
仕事の内容を説明してくれた。
それで終了。アレ??今のが面接だったのかしら?
ま、いっか。
工場も人も、穏やかな雰囲気。
ものすごくココで働きたいぞ。

自転車で帰宅する途中、交差点を渡ろうとすると
右折しようとした車が動き出した。
でも、車の運転手はすぐに私に気付き
「ごめんね、どうぞ~」と笑顔言ってくれた。
う~ん、こういうちょっとしたイイ事があると、
カナダに来てよかったなぁと思う。
もっとデカイことで思えよっ?

午後から面接2件目。
ダウンタウンにあるサンドイッチ屋。
従業員のお兄さんに尋ねると
「席についてお待ち下さい」だって。
私が座った目の前にも、
どうやら希望者が座っている模様。
さらに、その向い側にも男の人が座って
「面接なの?」などと話している。う~ん集団面接か?

待っている間に店と従業員観察。
白人2人、アジア人1人、黒人2人。バランスは良い。
でも、誰も微笑んでいない。ムスっとした感じ。
オネエちゃん、スプレーで窓を掃除するのは分かるけど、
まだ食べてる人がいるんですけど?

10~15分待ったところで、従業員のお姉さんが
「あなた面接で来た人?」
「働けるなら、朝のシフト?夜のシフト?」
「今日はオーナー、いないのよ」だって。

はぁ?「昨日、電話をもらってきたんですけど?」と言うと、
「オーナー、いる時もあるけど、いない時もあるのよね」だってさ。
「とにかく、また電話してちょーだい」だそう。

人が地下鉄代払って、時間をかけてやってきてるのに、
ソレはないでしょ?
こんな店は、こちらからお断りさせていただきます。
プリンタ購入計画
ただいま、就職活動継続中。
英語の履歴書って、職業によって
いちいち書き直す必要がある。
で、そのたびにプリントアウトしに
インターネットカフェなどに行くのも大変なので、
プリンタを買うことにした。

さっそく電器屋に行ってみたら、なんと$79。
安いじゃん?お買い上げ~~。
これで就職活動もはかどるはず!?

2日ほど寝かして、やっと開けてみる。

んがっ!!
USBケーブル入ってないじゃん!
プリントアウトできんじゃん!

買う時、箱に図が書いてあって、
ケーブルの図は書いてなかったんだけど、
プリンターのセットにケーブルが入ってない
ってことはナイでしょ~、と信じた私がバカでした。

すぐにプリントアウトする必要があったので、
再び電器屋へ。

USBケーブル$29.99。
高っ!!!

プリンタ$79なら、ケーブル$3ぐらいでいいじゃん?
でも、必要なので$29.99&税金で買いました。
しかも、ちょっとだけ気分を盛り上げるために光るUSBケーブル!

ちっとも気分が盛り上がらないことは、言うまでもない。


トロントセンターアイランド2
「無料ベジタリアンフード」という宣伝文句につられ、
センターアイランドに行ってきた。

フェリー乗り場近くまで来ると、インド人が一杯。
さらに、インド人じゃない人もサリー着たり、
クルタパジャマ着たり。
あ、宗教かも~。ま、いっか。

センターアイランドは人で一杯。
会場にたどり着くと、無料ベジタリアンフードへ
続いていると思われる行列が3つぐらい。
とりあえず最後部に並んでみたのだが、
5分たっても進む様子がないので、あきらめる。
食べ物には興味があるが、行列には興味がない。

センターアイランドにはミニ遊園地があって、
昔から変わってないそう。
スワンがあったり、お化け屋敷トロッコがあったり、
ミニ動物園(家畜園!?)があったり。



ニワトリがいる小屋で、ネコが昼寝してました。
番犬ならぬ、番ネコか!?(w



非常に懐かしがる友人に誘われて、
お化け屋敷トロッコ(非常にショボイ)と、
スカイなんとかという、ミニ遊園地を一望できる
リフトみたいなモノに乗ってきた。



あいにくの天気だったけど、眺めはまぁまぁ。
ちっちゃくて分かんないだろうけど、
SANYOの飛行船が飛んでました。



朝ごはんを食べたあと、ミニ遊園地近くで
ピザを1切れ食べたっきりだったので、お腹はペコペコ。
そういえば、Tastes of Thailandという
イベントも行われていることを思い出し、アイランド脱出。

冬はスケートリンクになっている、
Nathan Phillips Squareに行き、タイ料理で口直し。
タイ料理のレストランが屋台を出しているだけあって、
激ウマ。ただし、以前書いたマズイレストランも
屋台を出していたので、選択注意!

やっと、ちゃんとしたご飯にありつけました。

教訓:タダほど高いモノはない。

◆うろおぼえインフォ◆
トロントセンターアイランド、
ハーバーフロントからフェリーで$6。
無料ベジタリアンフードの宣伝文句のお祭り?は、こちら↓
Festival of Chariots

Tastes of Thailand
2005 7/16, 17 Nathan Phillips Squareで行われている。
屋台は食べ物のほか、工芸品や缶詰、フルーツなども。
キックボクシングのデモンストレーションもあった模様。
Web pageはコチラ
Harry Potter
土曜日の午前12時、
カナダではハリー・ポッターの最新作
「The Half-Blood Prince」が発売となった。



私は見に行かなかったのだけど、
友人がたまたま本屋近くにいたそうで、
それはそれは、大騒ぎだったそう。
ある人は、ハリー・ポッターの仮装までしてたって。
マニアですな。マニア。

なんだか、にぎわってると「欲しい~」と思ったけど、
よく考えたら、4巻も5巻も読んでなかった(w

6巻は誰かが死ぬらしいね。
きっと、どっかのページでは、
もう報告されてるんだろうな。

ま、私はゆっくりと自分のペースで楽しみたいと思う。


レストランへ飛び込み面接!
そろそろお金が底をつきそうなので、仕事を探している。
そりゃー、あんなけレストラン行けば、
金もなくなるだろう(w

というワケで、近所のレストランに飛び込み面接~。
たまたま、どっかの掲示板でそのレストランが
人を募集してるのを見かけたのだ。
電話して行くのアリだけど、わたし、電話キライなんです。
だから、飛び込み!インパクトも大!
もちろん、ヒマな時間を狙いましょうね。

面接に備えて、先日は履歴書を出力しに出かける。
家にプリンタないのよ。
で、そこのおじちゃんが優しくって。
「君の英語は完璧だよ」とか
「いい仕事が見つかるといいね。Good luck」とか。
いやー、またプリントアウトしに行っちゃうじゃねーかー。
この商売上手(w

自転車で約5分。レストランに行ってきました。
とりあえず日本食レストラン。
ワーホリ→日本食レストランって一番、
やりたくないパターンだけど、
選べるほど、経験豊富なワケじゃないし。
仕事があるだけで、ありがたいのです。

で、飛び込んだところで、どうも日本人らしいおねーちゃん発見。
とりあえず英語で「マネージャーかオーナーいますか?」
オーナーがやって来た時は、耳につける携帯?で会話中。
会話が終了したら、軽い面接。

オーナーは中華系。なに言ってるか、よく分からん(w
「ホテルで働いたことはありますか?」
って、あるワケねーだろっ!
居酒屋&やきとり屋でバイト程度だよっ。

ところで、面接中、私はオーナーの鼻に釘付け。
だって鼻毛出てるんだもーん。しかも、白いの(w
あ、ここの料理マズイかも。って、鼻毛で決めるな?

「履歴書は君がキープしといて、あとでメールで送って」だって。
どうも、見込みねーなー。

とりあえず返事もらったら、次行ってみるかっ!
トロント・ストリート・フェスティバル
トロントも本格的に夏!
カナダの夏は短いせいか、
みんな思いっきり楽しんでいるように見える。
7月の間は、毎週末どこかで祭りが行われている。

先週末は、Toronto Street Festivalが、
私が住んでいるストリートで行われた。
この祭りは、どっちかと言うとファミリー向け。
トロントのメインストリートである
Yonge Stを一部、通行止めにして行われる。
子供向けの乗り物や出し物。
場所によってはDJがいる場所もある模様。

私がどうしても見たかったのが、8mもあるというキリン(笑)



↑これが、宣伝用に使われてたワケ。
こりゃ見なければっ!と思って行ったんだけど。。。

実際はこんな感じ(W



スタートは午後9時からなんだけど、
まだまだ明るくて、ちーっとも幻想的でもなくって、
ちょっぴりちゃっちぃ、ただの赤いキリンだった。
う~ん、ものすごく期待してただけに残念。

というワケで、私的にはStreet Festivalはハズレ。
あまりオススメしません。


◆うろおぼえインフォ◆
Yonge St.で行われている。
南からDundas、St.Clair、Eglinton、Lawrenceが会場。
どうやらメイン会場では、
Holly Coleなんかのライブもあった模様。

Red Lobster 
Red Lobsterへ行ってきた。
名前から分かるとおり、
ロブスターをメインにした料理のチェーン店。
ちなみに、わたし伊勢エビアレルギーなのよね。
じゃ、なんで行くのよ?
と思うでしょうが、お付き合いで(w



でも、エビ嫌いの人も安心して。
他にもメニューがあるらか。
私はサーモンをいただきました。

総勢12人で行ったのだが、サラダ・メイン料理とも、
ほぼ全員に同じタイミングで運ばれて来た。
しかも、サラダ・メインとも全員バラバラのオーダーで、
料理が間違わずに目の前に運ばれてきた。
う~ん、プロフェッショナル(w
料理より、ちょっぴり別のところで感心してた私でした。
アライグマ
この間、アライグマを見かけた。
英語だとraccoon。

このアライグマ、どこで見かけたかと言うと
アパートの裏にある、ゴミ捨て場。
アライグマって、ゴミ漁るんです(w

日本人とカナダ人では、
動物に対する認識が違うから面白い。

・アライグマ
日本人:アニメでもよく見かけるし、かわいい~。
カナダ人:ゴミを漁る、汚い動物。

・リス
日本人:ちっちゃくて、かわいい。ペットも可。
カナダ人:どこにでもいる。スズメぐらいの存在。

・カナディアンギース(でっかい鴨)
日本人:でかいけどカワイイ。のんびり歩くのがいいね。
カナダ人:どこにでもいる。スズメぐらいの存在。

・スカンク
日本人:めずらし~、見たことないよ。
カナダ人:臭いよ。

ま、それだけ自然、動物とも身近にあるってことでしょうか。
花盛り
ただいま、トロントは花盛り。



家々や公園の庭先も、キレイに花が咲いてるけど、
そこら辺に生えている草だって負けてない。



花好きには、たまらない季節ではないかしら?
コテージへ行く
Chrisの両親の友人がコテージを持っているらしく、
色んな友人を誘って休みの日を楽しんでいるそう。
で、カナダデーの日に、そのコテージに行くことになった。

コテージは、Chrisの家から車で3時間ぐらい。
高速道路を通ったり、鋪装されてない田舎みちを通ったり。
いやー、カナダは広い。
なんで広く感じるかと言うと、この辺、山がないから(w
小高い丘ならあるけど、そこの頂上から見下ろすと、
ずーっと緑が広がっている。

私たちが通ったところは、牧場が多くって、
緑の草地のパッチワークが広がっている感じ
。隣の土地との境目には、だいたい木が柵代わりに植えられている。
今回はめずらしく、黄色い花畑も広がっていた。
菜の花っぽいけど、どうもマスタードの花らしい。



コテージは湖のほとりに建っている。



50年前に今のコテージの所有者の両親が建てたそう。
それから、自分たちで改築しながら現在に至っているらしい。



ご覧の通り、この日は「風の嵐」。
寒くて泳ぐどころじゃなかったわ。
ドライブ中は、ずーっと天気が良かったのに。
日頃の行いのせいか?
湖も波が立ち、砂が巻き上げられ茶色く濁っている。

それでも泳ぐのがカナダ人(w
コテージに来ていた何人かは、泳いでました。子供もね。
しかも、この強風を利用して、
ウィンドサーフィンをやろうとする人も。
初心者がやるには、素人目に見ても風強すぎと思うんですが。



コテージの裏側はこんな感じ。
とにかく緑が多い国だと思います。
カナダデーと花火
7月1日は、カナダーデーだった。
日本で言うところの、建国記念日かな。

ショップはカナダの国旗でデコレーションしたり、
各家庭でも国旗を飾ったり。中には車に国旗を飾る人も。
新聞も一面が「Happy Canada Day」だし。
まず日本でないよね?「おめでとう建国記念日!」なんて(w

今回で138回目のお誕生日だそう。カナダってば。
若っ。というとカナダ人が怒りそうなので、言わないように(w

で、金曜日から3連休だった。
この日は、なんと個人でも「花火」ができるのだ!
は?とお思いでしょうが、
カナダでは花火を使用できる日が指定されている。
だから、日本のように思い立ったら
コンビニで買って花火みたいなことはできない。

なんでだろうね?
きっとカナダには、花火会社ないだろうね。
ホーム・パーティ
学校も無事?卒業したことだし、
うちでクラスメートとパーティを開くことにした。

きっかけは、学校を卒業した日にあったパブ・ナイト。

色々はなしているうちに、
以前紹介した「Napoleon Dynamite」という映画の話しになり、
それを見るパーティを開くことに(w


で、それが昨日。
やってきたのは全員で7人。
私のクラスメートとChrisの友人1人。
このアパートに、そんなにたくさんの
人数が集まったのは初めてだわ。

まずは、ビールで乾杯。ビザを食べながらだらだらと会話。
会話は英語、日本語、ときどき韓国語も混じる。

外国人と交流して面白いのは、
その国の言葉を教えてもらえること。
でも、こういう時って、たいがいロクでもない
言葉ばっかり教えたり、教わったり。

韓国人の子は「君の瞳に乾杯♪」なんて死語をならってた(w
日本人の男の子は「君は本当にキレイだねぇ」
という韓国語を習い、実際レストランで使ったそう。
ちなみにウエイトレスは走って逃げたそうです(w

で、いよいよ「Napoleon Dynamite」の上映。
最初、この映画を見た人は、全員この映画が嫌いなのよね。
でも、なんだか何かに感染したように、
この映画を語らずにはいられないのがミソ。
で、いつの間にか人にススメてしまうという、恐ろしい感染力。

この日、みた7人は、きっと一週間後には
誰かに話してることでしょう。

しかし、ただでさえ暑い、このアパート。
7人+2人も集まると、まるでサウナのようでした。
ま、暑いけど、あの死ぬかと思うような寒さよりは、ぜんぜん我慢可能!
copyright © 2005 オーロラ・テルカッ! all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。