スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オーロラ・テルカッ!
これでオーロラ・テルカッの旅は終わりです。

オーロラを見たいがために、
オーロラ・照るか?と名乗ったのだけど、
ついにオーロラは見ることができませんでした。

これは次回、冬の旅に残しておきたいと思います。

気力と体力があれば、
カナダとwwoof情報をまとめたHPを作ろうかと。
いつのことになるのやら。
同じ写真を見ても、そっとしといて下さいね(w

今までありがとうございました。
それでは、またいつか世界のどこかで。
スポンサーサイト
おみやげ
トロントに帰って来たあと、
帰国までは一週間ちょい。

トロント滞在中にお世話になった皆に
おみやげを「作る」!!!

SaskatchewanでもらったCrab Appleを
瓶詰めすることに。

【作り方】
1)Crab Appleを洗い、
  柔らかくなった部分や悪い部分を除ける。



2)熱湯で湯がいたビンの中に、
  Crab Appleとシロップを入れる。
  シロップは水と砂糖で作る。





 蓋も湯がいておく。
 ビンも蓋も温かいうちに入れると良い。

3)ビンごと湯がく。20分ぐらいかしら?



4)そして冷ます。24時間ぐらい。
  蓋が少し凹んでいると成功らしい。



5)特製ラベルを貼ってプレゼント♪

作ったのはすべて蓋が凹んでたけど、
なんせ初めて作ったものだし、心配なので
「食べる前にニオイチェックを!」
と注意をしておきました(w

テーマ:カナダ - ジャンル:海外情報

Pancake Bay → ゴール
Day 110

いよいよ最後の日。
WWOOFや運転をしている時は、
これがずっと続きそうな気がしてたけど、
どんなモノにも始まりと終わりがあるからね。

私たちの気分を表してるかのように、
最後は雨が降った。












テーマ:カナダ - ジャンル:海外情報

Kakabeka Falls → Pancake Bay
Day 109

到着が遅かったので、朝に滝を見る。
マイナスイオンをたっぷりもらった後、
さらに東へ。東へ。

















Pancake Bayでは写真コンテストの写真を
募集してたんだけど、前年度の入賞作品ショボイ(w
入賞狙って応募してみてもいいかもね。

入賞商品、そこの宿泊券だけど(w

テーマ:カナダ - ジャンル:海外情報

Winnipeg/MB → Kakabeka Falls/ON
Day 108

すべての予定を終え、
あとは東に向けて帰るのみ。

もうすぐ旅が終わるかと思うと、
長い運転も苦にならず、
思う存分楽しみたいと思う。








テーマ:カナダ - ジャンル:海外情報

Lake Lenore/SK → Winnipeg/MB
Day 106

最後のファームステイも終え、さらに東へ。
Winnipegで3年ぶりぐらいの友人と再会。
いや~、旅っていいねぇ。







途中、カナダで人気のドラマ「Corner Gas」の
セットがある町に寄る。

◆Corner Gas◆

Saskatchewanの田舎を舞台にしたドラマで、
田舎の小さい町ならではのエピソードが面白い。
日本の田舎と通じる部分もあるかも(w








テーマ:カナダ - ジャンル:海外情報

Saskatchewan/Lake Lenore
wwoof:10軒目 滞在:6泊7日
名前の通り、湖の近くにあるファーム。
麦類をはじめ、野菜、牛、豚、鶏もいる
バラエティ豊かなファーム。



B&Bもやっているそうで、
部屋はB&Bの一室を与えられる。
母屋と離れている上、キッチン・バス・トイレ付き。
お客さんがいなかったので貸し切りだったねぇ。



やった仕事は主に草引き、野菜の収穫。
ファーマーズマーケットにも一緒に行き、
販売、荷造りの手伝いなども。



食事は再び肉!ポテト!
巨大な肉の塊を料理し、次の日も食べる。
というのが基本。
広いファームで忙しいらしく、
食事を楽しむという感覚ではない。



とにかく忙しいファームだったので、
自分たちも同じぐらい働くことに。
60歳代の夫婦がたった二人でやってる所だけに、
自分たちも出来る限りの協力をすることにした。

これはどこのファームでも言っていたのだけど、
スーパーなどは一定量がないと買い上げないらしい。
麦なども価格が下がったために、
大量生産するしなければやっていけないらしく、
仕方なく農地を広げているそう。

安い野菜を買うのもいいけど、
その裏側には同じ土地で同じ作物を何回も作ったり、
農薬を使う必要がないのに使ったりと
工場のように作物を作っているというのをお忘れなく。

テーマ:カナダ - ジャンル:海外情報

Drumheller/AB → Lake Lenore/SK
Day 100

AlbertaからSaskatchewanへ。
まだ平ら。

まだまだ平ら。









テーマ:カナダ - ジャンル:海外情報

地平線が続くファーム
日本であまり見る事ができない、
地平線が続くファームを紹介しましょう。

しっかり教えてもらったからね(w
少しは違いが分かるかな?



こちらキャノーラ。
黄色い花が咲くらしい。



Flaxseed。



マメもこんなに広い所で作ってる。



マメ用コンバインもある。



右側、日本製の軽トラック。
左側、前に出てるから大きく見えるけど、
カナダでよく見るピックアップトラック。

テーマ:カナダ - ジャンル:海外情報

Drumheller
めずらしく観光してみました(w



観光パンフレットで見て行きたくなったところ。
カナダのカッパドキアか・・・!?



と思ったらショボーン。
こまい!(土佐弁で小さい)
私的がっかり名所でした。



観光案内所にある巨大恐竜。
登る事もできるそう。口の中が展望台だそう。
お金いるので入りませんでしたが(w



閉館間近に行った炭坑後。
夕方は蚊が多いので要注意。
あと、何か出そうな雰囲気でした。



もう一つキャニオン。
名前は忘れた(やっぱり)。



ときどき平原にどどーんとある、
油を取る機械。
工場とかってないのねぇ。

テーマ:カナダ - ジャンル:海外情報

Royal Tyrrell Museum
Drumhellerに来たなら、
やっぱり行っておかなくちゃ。

行ってきました恐竜博物館。
大人たったの$10素晴らしい!

行く前にホストファミリーが3時間は潰れるよ~と
言ってたんだけど、本当にそれぐらいかかった!

でも恐竜にあんまり興味がないことも判明。
何個も何個も骨ばかり見てても飽きる(w

やっぱり見るより掘るの方が楽しいかも。




ラボが見えるのはちょっと楽しかった。
ここで骨を掘り出したり、型を取ったり。
見た時はやってなかったんだけど。



テーマ:カナダ - ジャンル:海外情報

Alberta/Drumheller
wwoof:9軒目 滞在:7泊8日
恐竜博物館で有名なDrumheller近くにあるファーム。
家はDrumhellerなんだけど、
ファームはHannaに近いかも。
広いよー。麦類を育てている。



滞在したのはファームの一室。
1階は電気があるけど2階にはない。
ファームじゃなくDrumhellerの家に泊まる場合も有り。
その場合はベースメントのソファーベッドを利用。



やった仕事は麦貯蔵庫の掃除、
麦畑の雑草刈り(草刈り機使用)などなど。
基本的には説明してくれる農作業を
見てる時間の方がながかったかも。



食事は肉!デザート!
美味しいけど、野菜と米が恋しい(w
ま、自分で作ったらいいんだけどね。

ホストファミリーには観光名所に連れて行ってもらったり、
ファームでは作物の説明、機械の説明をしてもらったり。
色々と農業について学ぶことができた。
その反面、ホストマザーは町で仕事があるため
ファームにおらず、一切の家事をやるハメに。



滞在前にその話しはしてたんだけど、
私たちはwwooferであって、
家政婦ではないんだけど・・・。



結婚に対する価値感、男と女の役割など
カナダの保守的な一面をかいま見ることができた
ファームでした。

テーマ:カナダ - ジャンル:海外情報

Calgary → Drumheller
Day 93

友人をCalgaryまで送った後、Drumhellerへ向かう。
再びWWOOF生活の始まり。







途中、Horseshoe Canyonに寄る。
ヘリツアーもあったのだけど、
ものの5分ぐらいで戻ってくる衝撃の短さ(w
もちろん行きませんよ。



Drumheller、平らなのになかなか見えない
と思ったら、谷間にある町だった(w


テーマ:カナダ - ジャンル:海外情報

48時間〈パート2〉
1日目は目まぐるしく動いたので、
2日目はゆっくりキャンプをすることに。





途中Fort Macleodという町でトイレ休憩して
あることを発見!



なんと映画の撮影に使われた町だそう。



答えはコレ。
Brokeback Mountain。



キャンプ場へ向かうためにさらに進む。



一つ州立公園に行くも、雰囲気が悪いのでヤメ。
違う州立公園に向かう。



ここまで来て正解!美しいBow Valley。





48時間もそろそろ終わり。
友人を再び空港まで送る。



たぶんオリンピックで使われたスキージャンプ台。
本当に濃い48時間でした。

テーマ:カナダ - ジャンル:海外情報

48時間〈パート1〉
友人がトロントから遊びに来てくれた。
滞在はたったの48時間だったけど、
かなり濃い時間を過ごすことができたわ~。

というワケで48時間をお送りします。



空港に友人がCalgary到着するのが午前7時。
目が覚めたのが午前6時すぎ。



BanffからCalgaryまでは約1時間半。
当然遅刻。大失敗!



友人を空港でひろった後、南へ向かう。



広い。やたら広い。





最初に着いたところはHead-smashed-in-buffalo jump。
解説を読んでみると、
buffaloがhead smashしたんじゃなくって、
人間がhead smashしてしまったらしい。
buffaloで良かったんじゃ・・・(w



その後、友人の親戚がインディアン居住地に
住んでるというので向かうことに。
Head-smashed-in-buffalo jumpの裏あたりかしら。





馬を飼ってました。



乗せてもらいました!
ラッキー。



ちなみに馬に乗るのは初めて。
ラクダならあるんだけどね(w



さらにその後、Waterton Lakes National Parkへ。



この時点でかなり疲れてる。





この日の宿泊は友人のいとこ宅Lethbridge。
ものすごい運転した日だったわぁ。

テーマ:カナダ - ジャンル:海外情報

Radium Hot Springs
Kootenay National Parkにある温泉。
入浴料は忘れた。

プールは二つ。
ぬるい温泉プールと、
冷たいプールがあるらしい。

冷たいプールは寒いから入らなかったんだけどね。
しかーし、ぬるいプールもぬるすぎて寒い!

プールに入るには長い廊下を歩かなければならない。
もちろん帰りも同じ廊下を通るので寒い寒い。
眺めも悪い。いや眺めるものがない(w

Banffの温泉よりは広いけど、
人が多いので、Radium、Banff、Mettieで
迷ってるなら、Mettieにした方がいいかな。


↓写真を撮ってないので、
見たい方はHPへジャンプ。
◆Radium Hot Springs◆

テーマ:カナダ - ジャンル:海外情報

Fairmont Hot Springs
Radium Hot Springsよりも南にある温泉。
町全体がリゾートと言ったところか。

入浴料は忘れた(w
外から見た所、本当にただのプール。
飛び込み台なんかもあり、子供だらけ。
で、もちろん入りませんでした。

駐車場へ帰る途中、展望台のような建物を発見。
丘に登ってみると!!!

展望台と思っていた建物は足湯用?天然温泉!
しかも無料。

これ、プールに入るより
景色もいいし、ぜんぜんイイじゃん!
度胸があるなら水着で入るのもOKかも!?



さらに丘に登ると、見晴しのいい所にも温泉。
ベンチを用意してあるところもあったので、
お金払ってプールに入るより、
こっちの方が断然にオススメ。





↓HPへジャンプ
◆Fairmont Hot Springs◆

テーマ:カナダ - ジャンル:海外情報

Queens Bay/BC → Banff/AB
Day 90

たしか北米で一番長いという
無料フェリーに乗り、Kooteney Bayへ。
そこから南へ向かった後、北に向かう。
道がないので遠回りして再びBanffへ。

やっぱりロッキーは美しい。
途中、温泉2箇所による。
いや~、温泉はいいねぇ。










Ainsworth Hot Springs
NelsonからKasloに行く途中にある温泉。
大人$7.50。

平日だというのに混んでいた。
夏だからかなぁ?

プールは二つ?って言うのかしら?
一つはその他の温泉と同じくただのプール。
しかーし、もう一つがスゴイ!
プールじゃなく洞窟!
これなら温泉の雰囲気抜群。

洞窟はUの字とでも言うのかな、
歩いて別の出口に出る事ができる。
くぼみや座れる所もあるので、
薄暗い洞窟内でまったりするのも良し。

ただのプールより洞窟の方が適温なので、
洞窟に長くいたいんだけど、
洞窟にいるとサウナ効果とでも言うのかしら?
蒸気が充満してて
息苦しく長く居られないのがミソ。


↓写真は撮ってないので、
見たい方はHPへジャンプ
◆Ainsworth Hot Springs◆

テーマ:カナダ - ジャンル:海外情報

British Columbia/Queens Bay
wwoof:8軒目 滞在:4泊5日
Nelsonから30kmぐらい湖のそばにあるファーム。
妖精が住んでそうな可愛い家が素敵。
ガーデンには少しの野菜と花、花、花。
そして花がよく似合う所だったしね。



滞在したのは急で細い坂を降りた所にあるキャビン。
まだ半分ぐらいしか完成してない(w
トイレは家まで行かないとダメなので、
ちょっと面倒くさいかも。

仕事は同じく朝の7時すぎ~昼ぐらいまで。
主にガーデンの草引き(こればっかりねw)、
後はラズベリーの収穫。
これ夕方やるんだけど蚊に刺されまくり。
でもラズベリー食べながらできる(w

食事はここが1番美味しかったかな!
バジルのパスタやメキシコのスープ、
カレーにトルティーヤなどなど。
バラエティも豊富、味付けもGOOD♪

ホストマザーは昔、漢方薬の勉強を中国でしたり、
植林の仕事をしたりと面白い人。
馬が1匹いて、乗馬もやってるそう。
できればもっと滞在したかったかな。


テーマ:カナダ - ジャンル:海外情報

Winery/NK'MIP
PentictonからOsoyoosあたりまでは、
ワイナリールートと呼ばれ、
ワイナリーがゴロゴロしている地域。

Kaledenに滞在中はファームの居心地が
あまりに良かったので、ほとんど外出せず。
次のファームに向かう途中でやっと
ワイナリーに行くことに。

ワイナリーでは$5払ってツアーへ。
ワイナリーの中を見る事ができる。
試飲も4種類できるのでお得かも。





ツアーに参加しなくても試飲できるのだけど、
ワインで$2、アイスワインで$3もする。
アイスワインはツアーでは飲めないけど、
試飲する価値あり。うまっ!
ものすごく甘いので、ちょっとで十分。

ついでに贅沢してレストランにも行ってしまった。
決して安くはないけど、景色とワインを
十分に楽しむことができ、満足満足♪




■ NK'Mip ■

テーマ:カナダ - ジャンル:海外情報

Kaleden → Queens Bay
Day 87

居心地が良くて、いつまでも居たかった
Kaledenをついに離れる。

途中Osoyoosでワイナリーに寄る。
もうちょっと後で寄ろうかと思ったら、
観光センターでこの辺が最後だよと
言われてしまった。
ちゃんと聞いて良かったよ。

景色はしばらく砂漠地帯が続いたが、
やがて再び森へ。久々のグリーン。











テーマ:カナダ - ジャンル:海外情報

British Columbia/Penticton
PentictonはSkaha LakeとOkanagan Lakeに
挟まれたツーリスティックな町。

Pentictonでぜひ試して欲しいのが、
Skaha LakeとOkanagan Lakeをつなぐ
運河を流れて行くツアー?ツアーなんだろうか(w

ただ川を浮き輪にのって流れるだけ。
浮き輪はレンタルすることができる。$7。
終点にはバスが迎えに来てくれるので、
それに乗って出発地点に帰ると良い。$4。
出発時に料金を払って判子を押してもらうのだけど、
バスに乗る時にチェックしてなかったよ~。



3時間半ぐらいかかるので、
飲み物、日焼け止めの準備はしっかりと。
私たちは水・ワイン・果物を準備。
でも前半でなくなったけどね(w

Pentictonはあんまり好きな町ではない。
ホストマザーの話しによると、
有名な彫刻家が町のために裸の男性の
彫刻を展示、保守的な人々は我慢できず、
この彫刻を壊してしまったそう。
国際的なニュースになったとかならなかったとか。

ドラッグ問題もあり、けっこうラフな町だそう。
ラフでもいいけど、芸術に理解がない町はイヤかな。

テーマ:カナダ - ジャンル:海外情報

British Columbia/Kaleden
wwoof:7軒目 滞在:14泊15日
Skaha Lakeを見下ろす丘の上にあるファーム。
敷地内にはガーデンが2つ、チェリーの森があり、
いたる所にシカが遊びにくる、
まるでディズニー映画のような場所。
ちなみにネコも9匹います(w



滞在したのは湖を見下ろすGazebo。
Gazeboは写真を見てもらった方がいいかな。
こういうのをGazeboと言うらしい。
ほんとリゾートに来た気分だったよ。
プールもあったしね。



仕事は同じく朝の7時から昼まで。
主にガーデンの草引き。
野菜や花などが入り交じってるので、
どれが雑草でどれが必要なモノか分かりにくい(w



食事はBBQ。薪の調理台しかないので、
夏の間は家で調理すると暑いらしく、いつもBBQ。
なので主に肉類が多い。あととれたての野菜。
あ、朝と昼は勝手に食べてました。

ホストマザーは波瀾万丈の人。
ここでは彼女がルールを決める。
ハッキリ物を言う人なので、
神経が細かい人は行かない方がいいかも(w
私はそれが心地良かったんだけどね。
色んな経験があるらしく、
色々と面白い話しを聞く事ができ、
本当にいい滞在となった。
滞在日数を見てもらったら分かるよね(w


テーマ:カナダ - ジャンル:海外情報

British Columbia/Kaleden
KaledenはPentictonから車で15分ぐらいの
Skaha Lakeのそばにある
ほんとうに小さな、小さな町。

湖にはビーチがあり、泳ぐ事ができる。
確か公園もあったはず。
ここで結婚式を挙げる人も。



この地域Okanaganはワインで有名で、
滞在したファームの隣もワイン畑、
湖を挟んで向こう側もワイン畑だった。



Pentictonはツーリスティックな町なので、
静かに過ごしたい人は、ちょっと離れた
Kaledenを選ぶと良いかも。

湖沿いにはTrailもあり、澄んだ湖、砂漠気候、
シカなどの動物を見る事ができる。

テーマ:カナダ - ジャンル:海外情報

Vancouver → Kaleden
Day 72

食い倒れのVancouverともお別れ。
再び東へ移動しながら、wwoofの旅。

途中、フルーツスタンドに寄るが、
今までの人生で一番まずいリンゴを食べた。
お腹が減ってただけに、怒りも倍増。
Kaledenに着いた時には暑さもあって、
かなり疲れていた。









テーマ:カナダ - ジャンル:海外情報

再びVancouver
再びVancouver。
今回は食い道楽の友人に会って、
色々と美味しいところに連れて行ってもらう。

今回食べた料理
○中華
○寿司
○エルサルバドル料理

さらに面白かったのは、
その人がとっても映画好きだったこと。
溝口健二の「雨月物語」を見る。

世界中で評価されてるそうで、
最高の映画とも言われてるらしいのだが、
私にはどの辺がそうなのか良く分からん。
まだまだ修行が足りんのかな(w

雨月物語より、
ヘドウィグの方がよっぽど好きなんだけど♪






テーマ:カナダ - ジャンル:海外情報

Nanaimo → Vancouver
Day 69

9時前ぐらいのフェリーに乗れるように、
早めにフェリー乗り場に出かけると、
フェリーの出発は8時前だった(w
ま、どっちにしても早く来て良かった。

遅く来た人たちは次のフェリーを待つハメに
なったようなので、特にサマーシーズンは、
早め早めの行動をした方がいいかも。







テーマ:カナダ - ジャンル:海外情報

Nanaimo/Zuiderzee Campsite
Nanaimoで泊まったキャンプ場、
ほとんど人もおらず、
キレイな所だったのでオススメ。

ただし、水が川臭いんだけど、
10分沸かせとか書いてないんだよね。
あやしい(w

ま、それ以外は混んでないし、
自動車の音すらも聞こえない
のんびりした所。




テーマ:カナダ - ジャンル:海外情報

Tofino → Nanaimo
Day 68

小雨の中、片づけをしNanaimoに向かう。
途中、国立公園で止まり、
州立公園で止まり、
雨の雨林でハイキング。

やっぱり雨林は雨が降ってる方が
雰囲気あっていいかも。









テーマ:カナダ - ジャンル:海外情報

copyright © 2005 オーロラ・テルカッ! all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。