スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
British Columbia/Tofino
wwoof:6軒目 滞在:3泊4日
待ち合わせはロングビーチ。
そんなにキレイじゃないのがミソ(w


他にもwwooferを拾う必要があると言うので、
ホストが戻ってくるまで、ビーチで待つ事に。


サーファーの為に情報を残しておくと、
波:腰~胸、ダンパーぎみ
風:どっちから吹いてたか忘れたけど強い
7月上旬だったけど、フルスーツにブーツ、
中には手袋をしてる人も。
相当、水温低いんだろうねぇ。

というワケで、お察しの通り、
ワタクシ、海には入りませんでした。残念!

ロングビーチから、ファームまでは40分ぐらい。
ハッキリ言って、TofinoじゃなくてUcluelet。


かなりの悪路を進む。できれば4WDの方がいいよ。
普通車だと、ガンガン底に石が当たるからね。
しかも、かなりの山奥。紹介文と違うじゃん!

部屋などもちろんなく、
テントの場所を選んでと言われる(w
でも、見渡す限り岩だらけ。
畑のそばで、ちょっと平らな所を選びテントを張る。
木のパネルをテントの下に敷いてもらいました。




やった仕事は、草引き、レタスの収穫。
レタスはco-opやレストランなどに卸してるそう。
畑のレタスは、元気に美しく育ってる。

仕事は朝の7時から昼ぐらいまで。
収穫はクオリティーコントロールを含む(w
生で食べるモノだしね。
虫喰いのない葉、破れていない葉だけを選ぶ。

食事はベジタリアン。
主にwrap。クレープの甘くないヤツ、
って言ったら、分かりやすいかしら?
wrapの中身は、豆やレタスの他に、
millet、quinoa(両方穀物類)など、
健康的で美味しかった。

ホストはサーファー。
昼までに仕事を済ませ、昼からは海に出る。
月の満ち欠けと一緒に畑仕事をする人で、
姓名判断などの知識もあり、話しをするのは楽しい。

ただーし、かなり野性的でないと辛いよ(w
トイレ小は、どこでやってもいいよと言われる。
大はトレイラーの中に箱があるだけ。
うまくしゃがみ、バランスを取る必要がある。
終わった後は、砂をかけるだけ。
あ、紙は別に捨てて下さいね。

コンポースト・トイレ(要するにボットン)は、
ここも含め、3軒あったのだけど、
他の2軒は、ほとんど臭いもせず普通。
生活においてもデザインって大事だわ~と、
初めて思い、勉強になりました(w

でも、来るたびに変化を見る事ができる、
と言って、リピーターが居るのも事実。
実際、5年後、10年後がどれぐらい進化してるか、
見てみたいファーム。
せめて、道が良くなるといいんだけど。
スポンサーサイト

テーマ:カナダ - ジャンル:海外情報

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 オーロラ・テルカッ! all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。