スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
履歴書を書く
履歴書を書くのは難しい。
日本の履歴書と違って、
いかに自分をアピールするかがミソだそう。

謙虚さが身に染み付いている?日本人には、
自分を思いっきりアピールする履歴書を書くのには少々抵抗が(w
日本の履歴書は学歴と職歴ぐらいしか書くことがなく、
常々それで私の何が分かるのだろう?とは思っていた。

こっちで書く履歴書は、まず頭に自分の名前と住所・連絡先、
その次に来るのが自分のアピール点をまとめたプロフィール。
年齢・性別なんて書く必要がないところが素晴らしい。
私が書いたプロフィールを簡単にまとめてみると・・・。

・10年以上グラフィックデザインの経験あり
・雑誌、新聞、ポスターなどの広告から、
 カタログやパンフレットまで幅広い仕事の経験
・どんな状況においても、プレッシャーを感じることなく仕事ができる

おぉ。何だか、すごいキャリアの人間のように思えるではないか(笑)

次に来るのが、職務履歴。会社名だけでなく、
自分がどんな責任ある仕事をこなしたかなど、ここでもアピール。
そのあとが学歴。これは、一番最近の学歴だけでいいらしい。
それからボランティア歴。
あぁ、ボランティアやっといて良かったわ(笑)

英語と日本語をまぜて、
こんな仕事をしたよ~と友人に伝えて、
ほとんど友人に作ってもらった。
じゃないと、無理です。ハッキリ言って(断言)

それから、ものすごくラッキーなことに、
以前友人がネットカフェのようなところで用事をしていたら、
隣に座っていた人が日本に6~7年住んでいたらしく、
今カナダでデザイン会社をやっていて、
日本人のデザイナーを探しているとのこと!

日本語と英語でメールを送ったら、日本語で返事が返ってきた。
あ、じゃぁ日本語の履歴書でいいか(笑)
英語で書いたものを日本語に直し、
カナダスタイルの日本語履歴書の出来上がり。
さっそく送っておきました。

さぁ~、どうなるでしょうねぇ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
アドビ認定インストラクター
アドビ認定インストラクター(ACI)とは、クリエイターなどから高い信頼を得ているアドビ製品に関して、知識や活用能力、トレーニング技術などを認定する制度 http://asleep.stepuptechnologies.com/
2008/08/27 (水) 05:38:06 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 オーロラ・テルカッ! all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。