スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ベジタリアン天国!?
カナダの食物事情その1です。
いままでさんざん食べ物の報告ばっかりしてるけど(w

カナダは、ベジタリアンにとって
まぁまぁ暮らしやすいところではないかしら。
スーパーに行けば、だいたいベジタリアンコーナーがあるし、
レストランもだいたいベジタリアン用
(ただの野菜)メニューが用意されている。

Chrisの友人にもたくさん会ったのだが、
その中でも3人はベジタリアン。
そのうちの一人はビーガンらしい。

ベジタリアンの中には魚を食べるベジタリアンもいるのだけど、
ビーガンというのは動物性のものを一切とらない人のことを言う。
肉や魚はもちろん、乳製品や玉子も口にしない。
ま、その上にはフルータリアンというのも存在するらしいけど。
そこまでやると、いささかやりすぎな気も・・・。

で、カナダに遊びに来ていたEmmaは日本で暮らすイギリス人で、
魚だけ食べるベジタリアン。
日本ではベジタリアンの食べ物が充実していないので、
カナダに来て随分よろこんでいた。

その品がコレ↓



ベジベーコン(ドラえもん風に)
ちなみに、もちろんベジソーセージもありまっせ。

ちょっと待って。ベジタリアンなのに、
なんでわざわざ偽物のベーコン・肉もどきを
食べる必要があるの?と思った人、するどい!
実は、私も以前そう思っていた。

では、実際にベジタリアンにチャレンジすると・・・。
ベジタリアンになることは簡単。
でも、野菜だけなので味のバラエティーがやっぱり少なくなる。
そこで活躍するのが、ベジベーコンなどの肉もどき(w



見た感じは赤身だらけのベーコン。
味は、ちょっぴりフェイクな気もするけど、
ベーコンと言われればベーコンのような気がする(w

ちなみに私はエセ・ベジタリアン。
基本的にはあまり肉を食べない(年のせいかしら?)。
インドにいた時は否応なくベジタリアンだったんだけど。

日本でベジタリアンになるのは非常に難しいと思う。
野菜スープといいながら、ブイヨンが入っていたり。
ダシにかつお節使うしね。
宗教上の理由で食べられない豚を、
こっそり使ってアジアで販売してたところもあったねぇ(w
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 オーロラ・テルカッ! all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。