スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
就職活動~面接編~
木曜日の夜、リラックスしているところ、電話がかかってきた。

おとこ「あー、オーロラ・テルカッさん?』
わたし「はい」
おとこ「まだ仕事探してる?」
わたし「はい」
おとこ「明日、午後4時」
わたし「午後4時?」

おいおい、名乗れよ!
どこに応募したヤツか分からんじゃないか~っ。
一応、名前と住所を聞いてどこか判明。
なんか緊張どころか、笑ってしまった(w

カナダの政府がやっている「Job Bank」
というサイトで仕事を探してて、3件いい仕事を見つけて、
2件に履歴書を送ったところだった。

電話がかかってきたところは、3番目の候補。
1番目やりたい仕事は、メールでの履歴書を
受け付けてなくて、会社に行ってそのまま面接というパターン。
3番目の候補に決まる前に、1番の面接を受けたい。
というワケで、金曜日2件、面接に行くことになった。

1件目の面接。
面接場所は自宅から自転車で
20~30分ぐらいのところにある工場。
プラスチックのトロフィーなどを作っている会社で、
そのトロフィーに使う印刷の技術者を募集していた。

工場はそう大きくない。
入ると受付のお姉さんに申込書を渡された。
イスに座るとライバル発見(w
アジア系の真面目そうなおじさん。

書類にすべて書き込むと、工場に案内され、キムさんと面接。
いや、面接というよりも工場案内。
仕事の内容を説明してくれた。
それで終了。アレ??今のが面接だったのかしら?
ま、いっか。
工場も人も、穏やかな雰囲気。
ものすごくココで働きたいぞ。

自転車で帰宅する途中、交差点を渡ろうとすると
右折しようとした車が動き出した。
でも、車の運転手はすぐに私に気付き
「ごめんね、どうぞ~」と笑顔言ってくれた。
う~ん、こういうちょっとしたイイ事があると、
カナダに来てよかったなぁと思う。
もっとデカイことで思えよっ?

午後から面接2件目。
ダウンタウンにあるサンドイッチ屋。
従業員のお兄さんに尋ねると
「席についてお待ち下さい」だって。
私が座った目の前にも、
どうやら希望者が座っている模様。
さらに、その向い側にも男の人が座って
「面接なの?」などと話している。う~ん集団面接か?

待っている間に店と従業員観察。
白人2人、アジア人1人、黒人2人。バランスは良い。
でも、誰も微笑んでいない。ムスっとした感じ。
オネエちゃん、スプレーで窓を掃除するのは分かるけど、
まだ食べてる人がいるんですけど?

10~15分待ったところで、従業員のお姉さんが
「あなた面接で来た人?」
「働けるなら、朝のシフト?夜のシフト?」
「今日はオーナー、いないのよ」だって。

はぁ?「昨日、電話をもらってきたんですけど?」と言うと、
「オーナー、いる時もあるけど、いない時もあるのよね」だってさ。
「とにかく、また電話してちょーだい」だそう。

人が地下鉄代払って、時間をかけてやってきてるのに、
ソレはないでしょ?
こんな店は、こちらからお断りさせていただきます。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 オーロラ・テルカッ! all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。